社会の変化で生まれてきた家族葬と1日葬

人間はいずれ亡くなってしまう生き物です。どんなにお金持ちでも、どんなに偉い人であっても、必ず平等に訪れるのが死であることは間違いありません。その過程に違いはあったとしても、生まれてきた瞬間から避けることはできないでしょう。人が亡くなると、遺された遺族は葬儀を行うのが一般的ですが、時代とともにかたちはどんどんと変化してきました。時代背景もありますし、宗教的な部分も関係しています。日本の経済的な背景や社会的な事情も変化の一員です。家族葬という方法が多くなってきたのも、社会的に見れば当然の流れといえるでしょう。だからこそ、知っておかなければいけないことはいろいろとあり、自分たちの知識だけでは対応できないことも増えました。

葬儀の変化のひとつとして、家族葬があげられるでしょう。家族や近親者で葬儀をあげていく方法で、多くのメリットがあります。現在では、都市部に向いていると考えられることもあり、数多くの葬儀が家族葬としておこなわれるようになってきました。実際にどういったかたちでおこなわれているのか、その流れや理由、内容的なことを知っておくことで、自分たちが家族葬をおこなう時だけではなく、周囲であった時にも対応できるようになるでしょう。逆に知らなければ、間違った対応をしてしまうこともあるため、注意が必要になっていきます。家族葬ということを理解しておくことによって、葬儀を行う遺族たちの気持ちの部分も見えてくるようになるはずです。

家族葬がどんどんと浸透していく中で、もっと合理的な方法がおこなわれるようになってきました。1日葬がそのかたちのひとつで、かなりの数がおこなわれるようになり、一般的な葬儀のひとつとして考えられるようになっています。実際におこなうことを考えた場合、メリットもありますが1日葬だからこそ生まれてくるデメリットがあることも知らなければいけません。これを知らずに選択してしまうことは、のちに後悔するような事態も生み出します。

葬儀は時代や社会を映す鏡です。経済的に豊かな時代は、豪華な葬儀を行う方たちも多くいました。現在のように核家族化が進み、超高齢化社会に突入している状況では、コンパクトな方法に変化してきたのはそれだけの負担が生じてしまうからです。残されたものも参列する側も高齢で、大きな負担になってしまうのですから、コンパクトにする意味は大きいでしょう。時代とともに大きな変化になってきているのですから、参考にしてみてはいかがでしょうか。

新着情報

2018年11月09日
ホームページを更新しました。