家族葬と1日葬が同時におこなわれるわけ

家族葬と1日葬は、互いに親和性の高い葬儀の方法です。理由を考えてみると、いかに合理的なのかがわかるでしょう。家族葬は家族や近親者であげる葬儀のかたちです。他の参列者はお断りするスタイルでもあることから、葬儀をコンパクトにできる方法として、都市部でもおこなわれるようになりました。葬儀全体に占める家族葬の割合はどんどんと増加しており、現代の葬儀では一般的な方法となりつつあります。参列者を限定する家族葬は、費用的な負担も小さくしていくことが可能となっています。

1日葬は通夜を行わない方法です。費用負担の大きい通夜をなくすことで、かなりの効率化を目指すことができます。家族葬と比較するとわかりますが、コンパクトにするところに共通点があり、本来家族や近親者が別れを惜しむための通夜がありません。

家族葬は家族や近親者だけの参列となるため、1日葬にすることは合理的なやり方とも言えます。通夜と告別式の両方を家族や近親者が出席するかたちになるわけですから、親族が納得してくれれば、まとめてしまっても問題が少ないということになるでしょう。両者の親和性の高さから、組み合わせていくことによって、費用負担というところでも大きな効果をあげるようになりました。