家族葬と1日葬のメリット

通夜を廃する1日葬と家族葬を組み合わせることによって、参列される方が家族や近親者に絞り込めるようになります。他の人の参列をお断りすることによって、コンパクトにすることができます。また、1日葬とすることで、時間は大幅に短縮することが可能です。通夜にかかる負担がなくなるため、肉体的にもかなり楽になるでしょう。

通夜をなくしてしまうことは、費用の面からも合理的です。場所を葬儀だけで設定できるようになり、通夜振舞いもいりません。通夜には返礼品の用意も必要ですが、これがすべてなくなります。そのため安く葬儀をあげることができるでしょう。

家族葬の考え方として、家族で悲しむ時間を少しでも多く作れるのは重要なことです。葬儀の時間はどうしても忙しく、悲しむような暇もありません。通夜が必要がどうかという現実的な部分もとらえ、1日葬と組み合わせると、家族葬が持っているメリットをさらに大きくできます。遠方から来なければならない親族がいる場合にも、1日だけになれば負担は相当軽減できるでしょう。高齢の場合でも、長時間の拘束がなくなります。現代社会を考えても、1日葬と家族葬は、理想的な葬儀の方法となり、これから先も増えていくでしょう。