家族葬と1日葬とは

現代都市部で注目されるようになってきたのが家族葬と1日葬でしょう。この二つはそれぞれ別の方法ではあるものの、一緒にしていくことができる葬儀の方法です。考え方は全く別の方法になっているところが注意点になるでしょう。

家族葬は、参列者を家族や近親者に絞り込む葬儀の方法です。密葬と勘違いされていることがありますが、別の考え方になります。密葬は、本葬をおこなうことが前提で、家族などだけであげる葬儀のことです。家族葬は、密葬のように家族や近親者に絞りますが、本葬をおこなう予定がありません。あくまでも小さくコンパクトにまとめ、家族や近親者で送り出すというところが特徴です。参列者を家族側で選ぶことが大きなポイントにもなってきます。

1日葬は、通夜を省略するかたちでおこなわれる葬儀です。1日で葬儀を終わらせるかたちをとることから1日葬と呼ばれるようになりました。通夜は家族や近親者が故人をしのび悲しむための時間です。それが現代では通夜に告別式と変わらぬように人が集まるようになりました。そこで、通夜自体の必要性が薄くなっていることで通夜と告別式をまとめてしまい、一度で終わらせようということで進んでいったのが1日葬です。