経験のある葬儀社で家族葬と1日葬はおこなう

葬儀に対する考え方は、時代とともにどんどんと変化してきました。もともと何度も変化しながら今のかたちになってきたもので、古くにおこなわれてきた葬儀と今のかたちとでは異なります。家族葬も1日葬も現代型の葬儀として活用されるようになってきました。非常に合理的で有効的な方法であることは間違いありません。

宗教的な部分と葬儀は切り離せないところもありますが、家族葬ということでは、宗教的な部分を外した自由葬にしても、身内で納得できれば問題はほとんどなくなります。無宗教の人などでは、本来僧侶の読経も必要がありません。埋葬する場所も確保してあれば、仏教の縛りをなくすこともできるからです。デメリットとして考えられる部分も、家族葬としていくことで、メリットとして浮かび上がってくることがわかるでしょう。

注意しなければいけないのは、葬儀社などで対応できないこともある点です。式場などは2日以上借りることが前提になっていることも多く、結果的に短縮できないような場合もあります。事前に葬儀社と家族葬と1日葬にしたいことを相談しながら、こうしたかたちが取れるかどうか確認していくことが必要になるでしょう。経験のあるところであれば、確実な方法となります。