組み合わせとしての家族葬と1日葬のデメリット

家族葬も1日葬も合理的な方法であることは間違いありません。家族葬にすることによって、出費を抑え、1日葬で時間的にも大幅にコンパクトにできます。ところが、儀式として考えると、1日葬に問題が出てしまうことに気をつけることが必要です。その理由が、仏教的に見た時に、1日葬を認めない場合があるという点です。

仏教的に通夜が必要かといえば、決して必要なわけではありません。本来の意味から考えれば、24時間ご遺体を保つことで、本当に亡くなってしまったということを確認する意味があるからです。それでも、菩提寺がある場合には、儀式的な簡略は認めないとされてしまうと、埋葬を拒否される可能性が出てきます。大変大きな問題で、せっかくまとめた家族葬をもう一度しなければいけないケースもあるため、1日葬にする場合には僧侶に相談してからにするべきです。

こうした縛りは、一般の霊園などに埋葬するのであれば発生しません。僧侶を依頼して読経をお願いするとしても、埋葬する場所と共通ではなくなるからです。葬儀社に手配してもらうことで見つけることもできるため、デメリットにせず活用できるでしょう。読経自体を外してしまうということもできます。